2007年02月05日

割合を頭の中で映像化

娘のチャナは、算数の割合で、もとの量とくらべる量がごっちゃになって、計算式の掛け算をつかうべきか、割り算なのか?で頭がこんがらがっているようです。

とにかく、すっきりとさせるのが一番と  割合っておもしろいを参考に、頭の中で映像化しやすくしました。

まず問題文から、割合にあたるところに波線〜〜、もとの量にカッコ()、くらべる量にアンダーラインを入れる。

その作業だけを繰り返しました。

計算は後・・・。

問題文をたくさん読んで、問われているのは何か?

もとの量は何か?くらべる量は何か?

これだけを考える反復練習をしました。

例)

 ゆうくんのお小遣いは600円でこれは(妹のお小遣いは400円)です。妹のお小遣いはいくらですか?

問われているのは割合の部分。

という風に、問題文の意味を理解する練習です。

理解ができるようになれば、割合の式

 くらべる量=もとにする量×割合
 もとにする量=くらべる量÷割合
 割合=くらべる量÷もとにする量


に当てはめるだけで、答えは簡単に出せますが、計算まで1度にするとまたごちゃごちゃになるようなのです。

まずは、確実な問題解釈だけを目的にがんばっています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。