2007年02月21日

三色ボールペンで読む日本語

三色ボールペンで読む日本語

以前に『世界一受けたい授業』で、著者の斎藤孝さんが紹介されていた三色ボールペンを使って本を読んでいく方法が、具体的に書かれている本です。

この方法はいける!

と感じて積極的に取り入れています。

ボールペンで線を引くだけなのですが、読みながら要点をさがす癖、内容が要約されている文章をさがす癖がつき、読書力、要点力がグッとアップします。

客観的視点と主観的視点で色を決めて使うという考えも、とても面白く、ノートをとる時も、三色の使い分けをしながらとるようになりました。

しばらく使うと色のイメージが定着し、教科書でも本でもノートまでも、誰から見ても大切な部分、自分の主観で面白いと感じた部分などが、一目でわかるようになってきました。

学力アップの工夫に貢献です

ラベル:小学5年生
posted by iwasi at 14:38| Comment(0) | 参考にした本>要点力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。