2007年02月22日

三色ボールペンで書く、線を引く

我が家における三色ボールペンの使い方です。

教科書を三色ボールペンを持って音読する。(うちは三菱4色ボールペン(uni ta-shock)ボール径:0.7mmを使っています)

ー(長音記号2)(一般的に)マア大事と思うところは
ー(長音記号2)(一般的に)とっても大事と思うところは
ー(長音記号2)(自分の目線で)おもしろいなと思うところに


青と赤は客観的に見て、緑は主観的に見て、という目線の違いも面白いところです。

自宅でノートをまとめるときにも、同じ三色ボールペンで、色に同じ意味を持たせて使用する。

たったこれだけのことですが、

主観的なものの見かた、客観的なものの見かたの区別ができるようになる。

文章中から要点をまとめる力がつく。

読書力が上がる

学習したことが身につきやすい

といろんな方面で、学力向上に繋がります。

参考にした本



文庫にもなっています三色ボールペンで読む日本語

タグ:小学5年生
【関連する記事】
posted by iwasi at 15:37| Comment(0) | 工夫勉強>読書力、要約力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。