2007年04月03日

100点勉強法

計算ミスや、簡単な基礎問題を、乱暴に問題を解くために落としてまううっかりミス。

どうすればなくすことができるかと、真剣に考えたことがあります。

といってもチャナのためではなく、チャナの兄のためなのですが・・。

いろいろ試して、結構効果があったのではないか?と思ったのが、

100点勉強法です。

とにかく、毎日ドリルをするのですが、100点を取るまで、次のページもしなくてはならないのです。

一枚目で100点だったら、10分で勉強は終わります。

うっかりミスでもなんでも、少しでも間違えたら、もう一枚します。

とにかく、毎日100点を取るまで勉強を続けるのです。

当然、子どもは早く終わりたいので、一枚目から100点を狙いに行きます。

ドリルは、基礎問題、応用問題、の順に並んでいたので、

基礎問題で、100点を取れないと、次の応用問題になってしまいます。

なんとか、基礎問題で確実に100点を取って、今日の勉強から開放されようと、とても丁寧に問題を解くようになりました。

少しでもミスをしたとき、本当に悔しがります。

その悔しいという気持ちも、丁寧に問題を解くことにプラスに働くようです。

チャナは、計算力がなかったので、この方法が使えなかったのですが、最近はかなり計算力がついてきました。

そろそろ使えるかも?と春休みに取り入れました。

毎日、何ページもドリルをするということになってしまっています・・・。

しかし、確実にうっかりミスは減ってきました。

もう少し続けてみます。

ラベル:小学6年生
【関連する記事】
posted by iwasi at 23:58| Comment(0) | 工夫勉強>うっかりミス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。