2007年04月10日

先取り学習

小学生の算数の勉強は、4年生までは先取り学習をせずに、学校の授業をしっかりと聞く習慣をつけるのが、後々有効になってくると思っています。(たくさん読んだ教育書にもそのように書いてありました)

しかし、5年生あたりから難しくなってくるため、先取り学習で予習をしておいた方が、授業中を楽しく過ごせ、勉強嫌いの予防になるそうです。

チャナはこの春から6年生です。

学校の進み具合に合わせながら、算数の先取り学習を昨晩からスタートしました。

(先取り学習が有効なのは算数で、理科は先取り学習をしては、授業が面白くなる教科だそうです。うちでは、算数と漢字を先取り学習で、理科、社会、国語の読解は単元が終わった時の復習学習というやり方でやっています)

6年生の初めにならうのは、公倍数と公約数

これは単体ではとても簡単なのですが、後々分数の約分などに繋がる大切な単元。
しっかりと学習しておきたいと思っています。

うちは算数の小学生向けビデオを先取り学習に使用します。

昨晩は公倍数だけを見た後、いつものプリント学習をしました。

難しそうな初めて聞く公倍数、最小公倍数などの単語に、初めは戸惑っていたようですが、意外と簡単じゃないか!と自信をつけたようです。

今夜と明日まで、公倍数の問題を20分づつ、取り入れる予定です。
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。